会社は頭から腐る

冨山和彦 著

産業再生機構で41社の企業再生の陣頭指揮を執った著者。経営が悪化した企業に共通していたのは、「一流の現場を持ちながら、経営が三流だった」ということ。なぜ、「経営にふさわしくない人」がトップに選ばれてしまうのか。逆にどうすれば、しっかりしたリーダー、真の経営人材を育成・選抜できるのか-。日本企業の「病理」と長年格闘してきた著者がその処方箋を明快に綴った名著、待望の文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人はインセンティブと性格の奴隷である-経営と人間
  • 第2章 戦略は仮説でありPDCAの道具である-経営と戦略
  • 第3章 組織の強みが衰退の要因にもなる-会社の腐り方
  • 第4章 産業再生の修羅場からの臨床報告-現場のカルテ
  • 第5章 ガバナンス構造を徹底的に見直せ-予防医学その1
  • 第6章 今こそガチンコで本物のリーダーを鍛え上げろ-予防医学その2

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社は頭から腐る
著作者等 冨山 和彦
書名ヨミ カイシャ ワ アタマ カラ クサル : キギョウ サイセイ ノ シュラバ カラ ノ テイゲン
書名別名 企業再生の修羅場からの提言
シリーズ名 PHP文庫 と26-2
出版元 PHP研究所
刊行年月 2013.9
ページ数 329p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-76020-9
NCID BB18415153
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22300201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想