市民のための裁判入門

井上薫 著

裁判員制度の導入により、一般市民にも裁判の知識が必要になった。しかし、そもそも裁判員制度は憲法違反であると著者は言う。憲法が規定する「法律に基づく裁判の原則」が守られず、基準なき裁判となるからだ。このように、裁判を正しくとらえるには、憲法のような原理原則から、着実な理解を積み上げることが求められる。本書は「裁判の意味」「裁判官の独立」「上告と控訴の違い」といった基礎知識から、「蛇足判決」など現代司法の矛盾点まで、知っておきたい事柄を網羅。元判事が親しみやすい語り口で解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 そもそも裁判とは何か?
  • 第2章 司法権の位置づけ
  • 第3章 裁判権の基礎
  • 第4章 裁判所とはどのような組織なのか
  • 第5章 裁判の手続
  • 第6章 裁判員制度

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市民のための裁判入門
著作者等 井上 薫
書名ヨミ シミン ノ タメノ サイバン ニュウモン
書名別名 Shimin no tameno saiban nyumon
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2008.4
ページ数 267p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-69861-8
NCID BA85561677
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21408873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想