ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 : 苫米地式〈ハイサイクル・リーディング〉

苫米地英人 著

アメリカの大学院は、1日30冊から50冊の本を読まなければ落第してしまう厳しい世界。本書は、そんな世界を生き抜き、カーネギーメロン大学で博士号を取得した著者が明かす"速く読めて内容も理解できる"究極の速読術。「読んでいる行の1行先を意識に上げる」「1秒でメニューを決める」「絵本と写真集を同時に読む」など、確実にIQが上がるメソッドが満載の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ハイサイクル・リーディングの世界(本気で速読術を必要とする人たち
  • アメリカの大学院の厳しさ
  • 速読術を人に教えるための最低限の資格
  • 350ページの本を5分で読む
  • 速読ができる本当の理由
  • 知識量がなければ速読は不可能
  • あなたは最初の1行目が読めていない!?
  • 速読術には2種類ある)
  • 第2章 ハイサイクル・リーディングの技術(内容を素早く理解する速読術
  • 読まなくていい本を見つけるための方法-フォトリーディングとキーワードリーディング)
  • 第3章 まもなく始まる情報革命(メディアの一大変革-キンドルとiPad
  • 日本の電子書籍化の現実
  • 電子化で滅びたアメリカの新聞業界
  • 恐竜は滅びる!?
  • 氷河期を生き残る術とは?
  • 知識の量と質
  • 抽象度を上げるトレーニング
  • 「広さを出す」ということ
  • 「高さを上げる」ということ)
  • 第4章 活性化した脳機能で夢を掴む(速読術と脳機能活性化の関係
  • イメージは正しく使う
  • 成功のイメージのつくり方-脳は最高の献身をしてくれる
  • メディア・リテラシーとのつきあい方
  • 「二足のワラジ」こそ成功への近道
  • あなたの人生を2倍にする!!
  • 脳内小説を書く)
  • 第5章 お金の奴隷をやめよう!-究極の「二足のワラジ」(究極のイメージのつくり方
  • 二つの人格で見る新しい世界
  • 25世紀のために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 : 苫米地式〈ハイサイクル・リーディング〉
著作者等 苫米地 英人
書名ヨミ ホントウ ニ アタマ ガ ヨクナル ソクドクノウ ノ ツクリカタ : トマベチシキ ハイサイクル リーディング
シリーズ名 PHP文庫 と21-2
出版元 PHP研究所
刊行年月 2010.9
ページ数 202p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-67473-5
全国書誌番号
21816446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想