僕がほしいのはパパとママと釣りざおだった

リチャード・F.ミニター 著 ; 雨海弘美 訳

心に傷を負う少年をひきとった一家の最初の一年…。世界中の子どもをもつ人々に贈る現代の美しい必読書。家族の意味を問う愛と勇気の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 家族、釣りざお、家族
  • ピーティーを連れてくの?
  • 試験的ステイ
  • ハネムーン
  • 僕はバプティスト
  • 深まる秋
  • こんな家、大嫌いだ
  • お手伝いならできるよ
  • 荒療治
  • テスト
  • 雪と格闘
  • 本物の学校に行きたい
  • 割れたガラス、ブロークン・ポウ、魔法
  • 真実、目標、記念日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 僕がほしいのはパパとママと釣りざおだった
著作者等 Miniter, Richard F
雨海 弘美
Miniter Richard F.
ミニター リチャード・F.
書名ヨミ ボク ガ ホシイ ノワ パパ ト ママ ト ツリザオ ダッタ
書名別名 The things I want most

Boku ga hoshii nowa papa to mama to tsurizao datta
出版元 PHP研究所
刊行年月 2002.10
ページ数 384p
大きさ 20cm
ISBN 4569617948
NCID BA59547249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想