民益論 : われら官僚主導を排す

鳩山由紀夫, 菅直人 著

霞が関への宣戦布告!国民のための新しい政治を求めて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 政治こそ民益の代表(政と官の関係
  • 官僚主導の終焉
  • 立法府復権のとき)
  • 第2部 未来への責任(二一世紀の日本社会
  • 覚悟と決断のとき
  • 民主党の誕生
  • 民主党のビジョン)
  • 第3部 鳩山と菅(団塊の世代としての責任
  • 理科系議員からの発想
  • 二人が目指す政治家像
  • お互いの印象
  • 二人にとっての「妻」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民益論 : われら官僚主導を排す
著作者等 古川 元久
菅 直人
鳩山 由紀夫
書名ヨミ ミンエキロン : ワレラ カンリョウ シュドウ オ ハイス
出版元 PHP研究所
刊行年月 1997.7
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 4569556426
NCID BA31762132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98019153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想