大気・水圏の地球化学

河村公隆, 野崎義行 共編

本書は地球の中でも、大気と陸水、海洋といった水圏に関する化学に焦点をあてたものである。前半は、まず大気の構造、組成の特長について、二酸化炭素やエアロゾルなど環境問題に絡む微量成分を中心に解説する。次にオゾンの生成、破壊を中心に成層圏、対流圏の光化学について述べ、さらに地球規模での大気の循環・輸送について解説する。後半は、まず陸水について述べ、次に海水成分の組成とその循環について解説する。さらに陸地や海底との境界領域の物質について述べた後、最後に海底の堆積物について解説する。環境問題と関連の深い分野であり、関連分野の学生、研究者にとって必携の書といえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大気の構造
  • 2 大気組成とグローバル変化
  • 3 成層圏の光化学
  • 4 対流圏の光化学
  • 5 大気成分のグローバル循環・輸送
  • 6 陸水の地球化学
  • 7 海水の元素組成
  • 8 海洋における元素の分布を支配する要因
  • 9 海洋境界を通しての物質のフラックス
  • 10 海底堆積物の地球化学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大気・水圏の地球化学
著作者等 河村 公隆
野崎 義行
日本地球化学会
書名ヨミ タイキ スイケン ノ チキュウ カガク
シリーズ名 地球化学講座 / 日本地球化学会 監修 6
出版元 培風館
刊行年月 2005.4
ページ数 319p
大きさ 22cm
ISBN 4563049069
NCID BA71491631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20771071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想