神国崩壊 : 探偵府と四つの綺譚

獅子宮敏彦 著

中原に君臨する華王朝の都は、紫京と呼ばれている-。その宮城で皇帝の側近が殺された。「歴史から消された出来事」をまとめたある「禁書」が原因らしい。そこには、とうてい人の業とも思われない不可思議な出来事がつづられていた。生死を司る神の水、城壁をすり抜ける軍隊、消失した都市、誰もいなくなった島-。これらを読み解くことで側近殺人事件の真相が見抜けるというのだが…。俊英が挑む、創元推理短編賞受賞作を含む「奇蹟」の連作ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神国崩壊 : 探偵府と四つの綺譚
著作者等 獅子宮 敏彦
書名ヨミ シンコク ホウカイ : タンテイフ ト 4ツ ノ キタン
シリーズ名 ミステリー・リーグ
出版元 原書房
刊行年月 2009.5
ページ数 349p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-04290-6
NCID BB00323474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21633106
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想