ノンセンスの領域

エリザベス・シューエル 著 ; 高山宏 訳

本当は怖ろしいノンセンスの世界-『不思議の国のアリス』やエドワード・リアの戯詩は厳格なゲームの規則に支配されている。分析的知によって人間と世界を引き裂くノンセンスの正体を明らかにした名著。関連エッセー2篇を併録した決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • センスとノンセンス
  • 「三つの項の複比例」
  • 「正しい言葉」
  • 言語遊戯とダイアレクティック
  • 「一たす一たす一たす一たす一は」
  • 「具体的かつ几帳面」
  • 猫とコーヒーと三の三十倍
  • 「むすめ七人にモップが七本」
  • 「こうもりとお盆」
  • 「とろなずむこく」のバランス
  • 「抜かりない荒犬のフューリー」
  • 「ハートをやられてる」
  • 「犬神父子精励会社」
  • 「踊る?踊らぬ?」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ノンセンスの領域
著作者等 Sewell, Elizabeth
高山 宏
シューエル エリザベス
書名ヨミ ノンセンス ノ リョウイキ
書名別名 THE FIELD OF NONSENSE

Nonsensu no ryoiki
シリーズ名 高山宏セレクション〈異貌の人文学〉
出版元 白水社
刊行年月 2012.11
ページ数 428,7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08302-4
NCID BB10565265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22166158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想