魔女現象

ヒルデ・シュメルツァー 著 ; 進藤美智 訳

十五世紀から十七世紀にかけてヨーロッパのキリスト教社会に荒れ狂った魔女狩りは女性に加えられた迫害であり、「魔女の歴史」こそ、まさに「女の歴史」であることをフェミニズムの視点から鮮明にとらえたユニークな本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 女魔術師、ストリゲン、ハボンデ夫人
  • 初期の教会
  • 異端者、舞踏者、鞭打苦行者
  • 善女たち
  • 異端審問
  • 魔女概念の発展
  • インスブルックの異端審問官
  • マレウス・マレフィカールム-『魔女の槌』
  • 中世の女性
  • 審問手続き
  • 妖術
  • 魔女狩り
  • 懐疑者、批判者、反対者
  • 黒ミサ
  • 現代の魔女
  • ウイッカの祭礼

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔女現象
著作者等 Schmölzer, Hilde
進藤 美智
Schmolzer Hildegard
シュメルツァー ヒルデ
書名ヨミ マジョ ゲンショウ
書名別名 Phänomen Hexe
出版元 白水社
刊行年月 1993.5
ページ数 257, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4560028737
NCID BN09149483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93045900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想