戦後ドイツのユダヤ人

武井彩佳 著

ユダヤ人はなぜ、第二次大戦後も「ヒトラーの国」を選んだのか。ホロコースト後のドイツに生きた「マイノリティ」の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 解放(生存者たち
  • ユダヤ人として認識されないジレンマ)
  • 第2章 戦後ユダヤ人社会の形成(ゲマインデの結成
  • ユダヤ人DP
  • 「殺人者の国」で
  • 死者の財産は誰のものか)
  • 第3章 ドイツ社会のなかのユダヤ人(反ユダヤ主義と親ユダヤ主義のあいだ
  • アデナウアー体制とユダヤ人
  • 補償
  • 「詰めたスーツケースに座って」)
  • 第4章 岐路に立つユダヤ人社会(変容するユダヤ人社会
  • 再燃する補償問題
  • ホロコースト世代の終わり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後ドイツのユダヤ人
著作者等 武井 彩佳
石田 勇治
書名ヨミ センゴ ドイツ ノ ユダヤジン
書名別名 Sengo doitsu no yudayajin
シリーズ名 シリーズ・ドイツ現代史 / 石田勇治 監修 3
出版元 白水社
刊行年月 2005.9
ページ数 188, 17p
大きさ 19cm
ISBN 4560026084
NCID BA73501995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20881922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想