きみのからだが進化論  第4巻 (足で歩いて、手で持って)

黒田弘行 文・図 ; 下谷二助 絵

[目次]

  • 1 大きな足、小さな足-ヒトの足は、なぜ大きい?
  • 2 2本足で歩いて、土踏まず-土踏まずはどうしてできた?
  • 3 ヒトの骨?サルの骨?-ヒトとサルは、どうちがう?
  • 4 おしりがいちばん大きい動物-どうして、おしりが大きくなった?
  • 5 立って歩いて、背骨がかわった!-胸の厚みと背骨のカーブ
  • 6 くるくるまわるマジックハンド-ヒトの手は、どうして自由に動く?
  • 7 立って歩いて、頭もかわった!-大きな脳と、まわる首

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 きみのからだが進化論
著作者等 下谷 二助
黒田 弘行
書名ヨミ キミ ノ カラダ ガ シンカロン
書名別名 足で歩いて、手で持って
巻冊次 第4巻 (足で歩いて、手で持って)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1994.5
ページ数 32p
大きさ 27cm
ISBN 4540940058
NCID BN11420193
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94045117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想