新世代の認知行動療法 = The third-generation cognitive and behavioral therapies

熊野宏昭 著

[目次]

  • 認知行動療法の多様性とその変遷
  • 新世代の認知行動療法に共通するもの
  • 本来のマインドフルネスとはどのようなものか
  • マインドフルネスはどのようにして実践するか
  • マインドフルネスストレス低減法・マインドフルネス認知療法-構造化されたグループ療法でのマインドフルネスの活用
  • メタ認知療法(1)メタ認知の内容を変えることで認知の機能を変える
  • メタ認知療法(2)自己注目に対抗する注意訓練とディタッチト・マインドフルネス
  • 臨床行動分析入門-認知行動療法のもう一つのウィング
  • 行動活性化療法-機能と文脈の評価には行動することが必要
  • 弁証法的行動療法(1)治療原理主導という力のもとに
  • 弁証法的行動療法(2)臨床行動分析の発展における位置づけ
  • 関係フレーム理論入門-2つの言語行動の定義からみえてくるもの
  • アクセプタンス&コミットメント・セラピー-機能的文脈主義の中で認知と行動をシームレスに扱う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新世代の認知行動療法 = The third-generation cognitive and behavioral therapies
著作者等 熊野 宏昭
書名ヨミ シンセダイ ノ ニンチ コウドウ リョウホウ
書名別名 The third-generation cognitive and behavioral therapies
出版元 日本評論社
刊行年月 2012.4
ページ数 202p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-98372-4
NCID BB08905065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22084423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想