大学教育効果の実証分析 : ある国立大学卒業生たちのその後

松繁寿和 編著

文系か理系か?部活は?英語は?入学した学部、クラブ活動や成績によって、キャリアにどのような差が生まれるのか。アンケート調査に基づいた、初の実証分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 卒業生の所得とキャリアに関する学部間比較
  • 第2章 成績・クラブ活動と就職-新規大卒市場におけるOBネットワークの利用
  • 第3章 大卒者の成績が初任給に与える効果
  • 第4章 英語力と昇進・所得-イングリッシュ・ディバイドは生じているか
  • 第5章 文学部女子の就業-大学での蓄積と英語力の役割
  • 第6章 公務員および教員の男女間賃金格差
  • 第7章 理系大学院卒業生の賃金-仕事競争モデルの現実妥当性
  • 第8章 若年期の蓄積とキャリアの終盤-大学教育、異動、生え抜き役員昇進
  • 第9章 役員の学歴とキャリアにおける専門性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学教育効果の実証分析 : ある国立大学卒業生たちのその後
著作者等 松繁 寿和
書名ヨミ ダイガク キョウイク コウカ ノ ジッショウ ブンセキ : アル コクリツ ダイガク ソツギョウセイタチ ノ ソノゴ
出版元 日本評論社
刊行年月 2004.2
ページ数 197p
大きさ 22cm
ISBN 4535583765
NCID BA65969561
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20572267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想