ゲーム理論はアート

松島斉 著

ゲーム理論家が示す生きづらい社会で生きる人のための道標。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 アートとしてのゲーム理論(ゲーム理論はアートである
  • キュレーションのすすめ
  • ワンコインで貧困を救う
  • 全体主義をデザインする)
  • 第2部 日本のくらしをあばく(イノベーションと文系
  • タブーの向こう岸
  • 幸福の哲学)
  • 第3部 「制度の経済学」を問いただす(「情報の非対称性」の暗い四方山話
  • 早いもの勝ちから遅刻厳禁へ
  • 繰り返しゲームと感情
  • マーケットデザインとニッポン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲーム理論はアート
著作者等 松島 斉
書名ヨミ ゲーム リロン ワ アート : シャカイ ノ シクミ オ オモイツク タメ ノ センサイ ナ テツガク
書名別名 社会のしくみを思いつくための繊細な哲学

Gemu riron wa ato
出版元 日本評論社
刊行年月 2018.1
ページ数 280,14p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-535-55892-2
NCID BB25350717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23015011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想