ADR仲裁法

山本和彦, 山田文 著

体系性・客観性・包括性を実現し、多くの読者の支持を得た定評ある教科書。近年の実務の展開と新たな時代の潮流をふまえた待望の改訂版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ADR総論(ADRの意義
  • ADRの主体・手続・解決基準
  • ADRと裁判
  • ADRの法制
  • 行政型ADR)
  • 第2部 調停(調停総論
  • 司法型調停
  • 民間型調停)
  • 第3部 仲裁(仲裁総論
  • 仲裁法の概要
  • 国際仲裁の諸問題)
  • 第4部 ADRの現状と将来(紛争類型とADR
  • ADR手続の課題と展望
  • 今後の課題と展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ADR仲裁法
著作者等 山本 和彦
山田 文
書名ヨミ エーディーアール チュウサイホウ
書名別名 Law of ADR & Arbitration
出版元 日本評論社
刊行年月 2015.2
版表示 第2版
ページ数 460p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-51972-5
NCID BB18100196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22543009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想