家族法の歩き方

本山敦 著

民法改正・家事事件手続法制定を踏まえた待望の第2版。明快な語り口で学習者を家族法の世界に誘う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 親族編(家族と家族法-マクロの家族とミクロの家族法
  • 夫婦1 婚姻(1)-婚姻の成立 結婚の条件と婚姻の要件
  • 夫婦2 婚姻(2)-婚姻の効力(1)身分上の効力 婚姻のあいまいな効力
  • 夫婦3 婚姻(3)-婚姻の効力(2)財産上の効力 縁の切れ目が金の切れ目
  • 夫婦4 離婚(1)-離婚の成立 大人のための離婚講座 ほか)
  • 相続編(相続法-相続と争族の間
  • 法定相続1 相続人-血の代償
  • 法定相続2 相続分-遺産は大事だよ!
  • 法定相続3 相続財産(1)-相続するモノ、しないモノ
  • 法定相続4 相続財産(2)-相続財産の曖昧な性質 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族法の歩き方
著作者等 本山 敦
書名ヨミ カゾクホウ ノ アルキカタ
書名別名 Kazokuho no arukikata
出版元 日本評論社
刊行年月 2013.3
版表示 第2版.
ページ数 252p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-51881-0
NCID BB12036480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22221725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想