最後はなぜかうまくいくイタリア人

宮嶋勲 著

アポの時間は努力目標。嫌なことは後回しでよい。一度にふたつのことはしない。商談より食事が大切。それでも、結果が出るのはなぜ-?私たち日本人とは対極のイタリア人の国民性を、著者が体験したエピソードとともに紹介。本書を読めば、小さな悩み事にクヨクヨするのがどうでもよくなります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 仕事-ルーズなのになぜか結果は出る秘密(アポの時間は、努力目標と考える
  • 仕事とプライベートは、あえて分けないようにする ほか)
  • 2 人生-好きなことだけ楽しみ、嫌いなことは先延ばす(人生における「寄り道」を大切にする
  • 嫌なことは、後回しでもよいことにする ほか)
  • 3 家族と恋愛-対人関係を支配する、義理・絆・コネ(家族同士で固い絆を持つ
  • 使えそうなコネは、とりあえず使ってみる ほか)
  • 4 食事-食卓でのふるまいは、商談以上に難しい(食事をするためだけに、食卓には行かない
  • 食卓での正しいふるまいを学ぶ ほか)
  • 5 独断と偏見で考えるイタリア(ピエモンテ-地味で渋くて週好み、アピール下手な北部の州
  • ロンバルディア-よく稼いでよく使う、流行好きの洗練された街 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最後はなぜかうまくいくイタリア人
著作者等 宮嶋 勲
書名ヨミ サイゴ ワ ナゼカ ウマク イク イタリアジン
書名別名 Saigo wa nazeka umaku iku itariajin
シリーズ名 日経ビジネス人文庫 み3-1
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2018.1
ページ数 238p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-532-19848-0
NCID BB25335699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23002241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想