ゴールドマン・サックス : 王国の光と影  下

チャールズ・エリス 著 ; 斎藤聖美 訳

収益至上主義は何をもたらしたか。初めてベールを脱いだ王国の企業風土、経営哲学、リーダー群像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロンドン攻略の先兵
  • BP引受で巨額の損失
  • トップ交代
  • クオンツの先駆け
  • よみがえる投信の悪夢
  • 死の舞踏会
  • 裁定は面白い!
  • インサイダー取引の罠
  • 八人の国際アドバイザー
  • 「スティーブが辞める!」
  • 最高の人材最高の会社
  • コーザインの野心
  • LTCM事件
  • クーデター
  • 富と利益を最大にする法
  • ポールソンの統治
  • ブランクファインの道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴールドマン・サックス : 王国の光と影
著作者等 Ellis, Charles D
Ellis, Charles D.
斎藤 聖美
エリス チャールズ
書名ヨミ ゴールドマン サックス : オウコク ノ ヒカリ ト カゲ
書名別名 The partnership
巻冊次
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2010.10
ページ数 508p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-16754-7
NCID BB0369126X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21837190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想