専門医のための精神科臨床リュミエール  30

松下正明 総編集

[目次]

  • 1(精神医学とは何か
  • 精神医学の起こり
  • 現代精神医学における正常/異常概念の検討)
  • 2(精神医学概念はあらゆる社会においても普遍妥当性をもつのか-「普遍性」の考古学:科学的真実と臨床的リアリティ
  • 精神医学はどこまで科学か
  • なぜ精神医学は反精神医学を内に含むのか
  • 精神医学の光りと陰
  • 精神疾患と格差・貧困
  • 神経科学の倫理性)
  • 3(DSMと現代の精神医学-どこから来て、どこへ向かうのか
  • 操作的診断の時代における精神病理学の意義とその進むべき道)
  • 4(精神医学における治療思想
  • 薬物療法の限界と可能性
  • 精神分析は精神科医療にとってどのような意味があるのか
  • 強制治療が許されるんはなぜか
  • 統合失調症の偏見と病名告知の是非)
  • 5(精神機能と脳-力動的局在論
  • 神経学と精神医学)
  • 6(文化と精神医学
  • 哲学と精神医学
  • 宗教と精神医学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 専門医のための精神科臨床リュミエール
著作者等 松下 正明
神庭 重信
書名ヨミ センモンイ ノ タメ ノ セイシンカ リンショウ リュミエール
書名別名 精神医学の思想
巻冊次 30
出版元 中山書店
刊行年月 2012.5
ページ数 287p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-521-73247-3
NCID BB08929813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22074731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
精神医学の思想 神庭重信, 松下 正明
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想