森林バイオマス活用の地域開発 : 鍵を握る産業クラスター

広島修道大学森林バイオマス研究会 編

バイオマス(生物由来の資源)を活用し、地域経済を持続的に発展させるためには、産業クラスターの概念が不可欠である。森林が豊富な広島経済圏を対象に各分野の専門家が論究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 森林の現状とビジネスの可能性
  • 第2章 木材フローを対象とする統合型のサプライチェーン・マネジメントとサプライチェーン原価計算モデルの構想
  • 第3章 森林・林業の経営改善と立木資産の会計モデルの検討-国有林野事業特別会計における立木資産の計理を中心として
  • 第4章 広島県地場産材の環境優位性の検討
  • 第5章 中国地方における農山村の現状-「限界集落」の視点から
  • 第6章 地域環境資源の発掘を通じた中山間地域交通事業者の新たな事業展開-環境NPOとの連動から
  • 第7章 企業の社会的責任とサプライチェーン・マネジメントの融合
  • 第8章 海外および国内(中国地方)の取り組み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森林バイオマス活用の地域開発 : 鍵を握る産業クラスター
著作者等 広島修道大学
広島修道大学森林バイオマス研究会
書名ヨミ シンリン バイオマス カツヨウ ノ チイキ カイハツ : カギ オ ニギル サンギョウ クラスター
シリーズ名 広島修道大学学術選書 56
出版元 中央経済社
刊行年月 2013.2
ページ数 173p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-46970-1
NCID BB11679011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22204226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想