図説低侵襲冠状動脈バイパス術

Randall K.Wolf, 高本眞一 監修 ; 大塚俊哉 著

低侵襲冠状動脈バイパス術は、人工心肺を使用しない、胸骨正中切開を置かない、現在注目の冠状動脈バイパス手術である。本書はこの手術法を著者自身の筆による精緻な図とカラー写真、わかり易く簡明な記述で解説したものである。手術適応、手術の準備、麻酔、手術器械から、手術手技の実際、術後のフォローアップまで、著者の豊富な経験から、実践的に示されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 手術適応
  • 2 手術の準備
  • 3 MICABGの麻酔
  • 4 手術器械
  • 5 手術手技
  • 6 術後のフォローアップについて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説低侵襲冠状動脈バイパス術
著作者等 Wolf, Randall K
大塚 俊哉
高本 真一
Wolf Randall K.
書名ヨミ ズセツ テイシンシュウ カンジョウ ドウミャク バイパスジュツ
出版元 中外医学社
刊行年月 1998.2
ページ数 64p
大きさ 27cm
ISBN 4498036840
NCID BA35166091
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99024234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想