国際経済関係の焦点 : 揺れる覇権と通貨

新岡智, 上川孝夫 編著

"グローバリゼーション"と"国際通貨"との関連を多角的に分析し覇権の論理に再考を迫る。国際経済関係の現在は、「揺れる覇権と通貨」の構図とその力学であり、これが本書のアプローチとなっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 覇権の構図-アメリカと国際経済関係(覇権国経済のグローバル・リスク
  • 経済覇権の基盤:IT革新
  • 覇権国の通貨外交
  • アメリカ通商政策と覇権
  • 中国のFTA戦略とアジアの覇権)
  • 第2部 国際通貨の力学-ドルと国際経済関係(基軸通貨国アメリカの為替政策
  • 欧州通貨協力の挑戦と模索
  • アジア通貨・金融協力と日本
  • 台頭する中国と人民元戦略
  • 国際通貨体制と為替相場制度)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際経済関係の焦点 : 揺れる覇権と通貨
著作者等 上川 孝夫
新岡 智
書名ヨミ コクサイ ケイザイ カンケイ ノ ショウテン : ユレル ハケン ト ツウカ
出版元 同文舘
刊行年月 2007.11
ページ数 208p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-495-46361-8
NCID BA83705459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21335595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想