労働経済

清家篤 著

労働経済学の基本的性格や失業の発生メカニズム、労働市場の分析手法などをやさしく解説。雇用制度の変化や高齢化の影響など現実の問題をわかりやすく考察した入門書の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 基礎編(労働経済学とは何か
  • 労働供給
  • 労働需要
  • 失業
  • 雇用調整
  • 労働市場における情報の役割
  • 労働力のフロー表)
  • 第2部 応用編(経済の構造変化と雇用制度
  • 賃金と労働時間の経済分析
  • 高齢者雇用の経済分析
  • 労使関係)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働経済
著作者等 清家 篤
書名ヨミ ロウドウ ケイザイ
書名別名 Rodo keizai
シリーズ名 やさしい経済学シリーズ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2002.4
ページ数 306, 6p
大きさ 19cm
ISBN 4492815023
NCID BA56617166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20278400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想