仕掛学

松村真宏 著

「ついしたくなる」にはシカケがある。スタンフォード大学の講義でも用いられている日本発のフレームワーク。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「ついしたくなる」には仕掛けがある(天王寺動物園の筒
  • 行動で問題を解決する ほか)
  • 1章 仕掛けの基本(行動の選択肢を増やす
  • 行動を上手に誘導する ほか)
  • 2章 仕掛けの仕組み(仕掛けの原理
  • 仕掛けの構成要素 ほか)
  • 3章 仕掛けの発想法(仕掛けを見つける方法
  • 要素の列挙と組み合わせ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仕掛学
著作者等 松村 真宏
書名ヨミ シカケガク : ヒト オ ウゴカス アイデア ノ ツクリカタ
書名別名 SHIKAKEOLOGY

SHIKAKEOLOGY : 人を動かすアイデアのつくり方

Shikakegaku
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2016.10
ページ数 173p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-492-23373-3
NCID BB22133949
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22800566
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想