中南米の音楽 : 歌・踊り・祝宴を生きる人々

石橋純 編

サンバ、タンゴ、「コンドルは飛んでいく」、「コーヒールンバ」だけじゃない。陽気なダンス音楽の歌詞に鋭い批評がこめられる。生活の喜びと悲しみをリズムとともに表現し、音楽を通じて社会変革を夢見る。多民族・複数文化が共存・共鳴しあう音楽大陸=中南米。その歴史をひもとき、現場の鼓動を伝える。達人9名による鮮烈な案内書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 概説・中南米の音楽-その歴史と特徴
  • 第2章 サルサと北米ラティーノの音楽
  • 第3章 米墨、ボーダーランドで鳴り響く音楽-ハリウッド産ラテン・エンターテイメントとは異なるチカーノ/メキシコ北部音楽、その歴史とトピックス
  • 第4章 キューバの音楽をめぐる継続性と断絶性-祝祭のリズムからレゲトンまで
  • 第5章 ダブ-南国ジャマイカ発の人工的音響
  • 第6章 ベネズエラ-更新されつづける伝統
  • 第7章 ペルー大衆音楽の発展略史
  • 第8章 ボリビア音楽-その歴史と地域性
  • 第9章 ムジカ・セルタネージャ-ブラジルの田舎(風)音楽
  • 第10章 鉛色時代の音楽-独裁政権下(一九七六〜八三)のアルゼンチン・ロック

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中南米の音楽 : 歌・踊り・祝宴を生きる人々
著作者等 石橋 純
書名ヨミ チュウナンベイ ノ オンガク : ウタ オドリ シュクエン オ イキル ヒトビト
出版元 東京堂
刊行年月 2010.3
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-490-20667-8
NCID BB01685368
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21740210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想