研究をブラッシュアップするSPSSとAmosによる心理・調査データ解析

小塩真司 著

データ分析で陥りがちな問題点とその解決策を解説。データ分析の経験値を上げる9つのエピソード。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 友人が多いほど満足?-外れ値と対策
  • 2 興味があれば成績が良くなる?-曲線的な関連
  • 3 速く走るほど成績アップ?-第3の変数の影響
  • 4 親密な対人関係はストレスとなるか?-調整変数の理解
  • 5 スペースはどれくらい必要?-交互作用の理解
  • 6 授業の効果は?-得点の変化
  • 7 歪んだ項目を削除?-因子分析と項目分析
  • 8 予測はうまくいくのか?-因果関係の表現
  • 9 影響はつながるのか?-直接効果と間接効果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 研究をブラッシュアップするSPSSとAmosによる心理・調査データ解析
著作者等 小塩 真司
書名ヨミ ケンキュウ オ ブラッシュ アップ スル エスピーエスエス ト エイモス ニ ヨル シンリ チョウサ データ カイセキ
出版元 東京図書
刊行年月 2015.7
ページ数 263p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-489-02213-5
NCID BB19055381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22639640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想