生のさなかにも

アンブローズ・ビアス 著 ; 中村能三 訳

砲声とどろく南北戦争の戦場、そこでは一兵卒から将軍にいたるまで、いつ襲ってくるとも知れない死と向かい合っていた。そして平生の市民生活を送っているときでも、人々は死神にもてあそばれているのだ。人生の辛辣な観察者であったアンブローズ・ビアスが、類まれな技巧をもって描き上げた、生と死の悲喜劇26編を完全収録した、傑作短編集の決定版。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生のさなかにも
著作者等 Bierce, Ambrose
中村 能三
ビアス アンブロース
書名ヨミ セイ ノ サナカ ニモ
書名別名 In the midst of life
シリーズ名 創元推理文庫
出版元 東京創元社
刊行年月 1987.12
ページ数 346p
大きさ 15cm
ISBN 4488545017
NCID BA57309115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88015401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ある失踪兵士 ビアス アンブロース
ある良心の物語 ビアス アンブロース
その名も高きギルソンの遺産 ビアス アンブロース
ふさがれた窓 ビアス アンブロース
ふさわしい環境 ビアス アンブロース
ものまね鳥 ビアス アンブロース
アウル・クリーク橋の一事件 ビアス アンブロース
コウルター・ノッチの戦闘 ビアス アンブロース
ジョージ・サーストン=ある男の生涯の三つの事件 ビアス アンブロース
チカモーガ ビアス アンブロース
ブラウンヴィルの奇妙な事件 ビアス アンブロース
レサカでの戦死 ビアス アンブロース
レッドホースの貴婦人 ビアス アンブロース
入院志望者 ビアス アンブロース
前哨地点での出来事 ビアス アンブロース
将校1名、兵1名 ビアス アンブロース
将校の一タイプ ビアス アンブロース
恐るべき女 ビアス アンブロース
悟った男パーカー・アダスン ビアス アンブロース
止めの一撃 ビアス アンブロース
死者に付添う番人 ビアス アンブロース
男と蛇 ビアス アンブロース
神々の子=現在形による習作 ビアス アンブロース
空を飛ぶ騎手 ビアス アンブロース
豹の目 ビアス アンブロース
鼻から出る男 ビアス アンブロース
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想