女王国の城

有栖川有栖 著

舞台は、急成長の途上にある宗教団体"人類協会"の聖地、神倉。大学に顔を見せない部長を案じて、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが、そして就職活動中の望月、織田も同調、四人はレンタカーを駆って木曾路をひた走る。"城"と呼ばれる総本部で江神の安否は確認したものの、思いがけず殺人事件に直面。外界との接触を阻まれ囚われの身となった一行は決死の脱出と真相究明を試みるが、その間にも事件は続発し…。江神シリーズ待望の書き下ろし第四長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女王国の城
著作者等 有栖川 有栖
書名ヨミ ジョオウコク ノ シロ
シリーズ名 Crime club
出版元 東京創元社
刊行年月 2007.9
ページ数 507p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-488-01227-4
NCID BA83312081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21296805
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想