生命科学がひらく未来

東京理科大学出版センター 編 ; 田沼靖一, 村上康文, 秋本和憲, 内海文彰 共著

生命の神秘、遺伝子の働き、DNAの組み換え、細胞の仕組みとがんの正体、クローン動物、そしてiPS細胞まで、生命科学の基礎から応用までを図解する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生命の神秘(生命の誕生
  • 生命の進化
  • 生物の発生
  • 遺伝子の時代
  • ヒトゲノムプロジェクトから新しい医療へ)
  • 第2章 遺伝子の働き(DNAの2重らせん構造
  • セントラルドグマ
  • DNA複製の仕組み
  • DNAの組み換え
  • DNAの修復と遺伝病
  • 遺伝子の発現とその調節)
  • 第3章 細胞の仕組みとその運命(細胞の構造
  • 細胞の増殖
  • 細胞の分化
  • 細胞の老化
  • 細胞の死
  • 細胞のがん化)
  • 第4章 生命科学の発展(遺伝子組み換え植物
  • クローン動物
  • 遺伝子と病気
  • ゲノム創薬
  • 個別化医療
  • iPS細胞と再生医療)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命科学がひらく未来
著作者等 村上 康文
東京理科大学
田沼 靖一
秋本 和憲
内海 文彰
東京理科大学出版センター
書名ヨミ セイメイ カガク ガ ヒラク ミライ
書名別名 Seimei kagaku ga hiraku mirai
シリーズ名 東京理科大学坊っちゃん科学シリーズ 4
出版元 東京書籍
刊行年月 2013.4
ページ数 183p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-487-80694-2
NCID BB12296062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22233674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想