擬装された文明 : 大衆社会のパラドックス

佐伯啓思 著

『隠された思考』『時間の身振り学』で新しい思想のフィールドを開拓した著者が、再び大衆消費社会の歴史と現在をトータルに論じた3部作完結篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 大衆の時代(大衆社会の勃興と世紀末
  • 市場社会の変貌と大恐慌
  • 文化が大衆化するとき
  • 大衆の社会心理学
  • ポスト産業社会の条件
  • 新しい消費社会と記号化現象)
  • 第2部 知識人の隘路-思想時評(知識人と保守主義
  • 「家族」が解体するとき
  • 国際化への懐疑
  • あるポスト・モダンの物語
  • ハイテクと生命倫理
  • 知識人の終焉?)
  • 第3部 文明のパラドックス(豊かな社会のパラドックス
  • ポスト・モダン消費社会の欲望
  • 擬装された企業文明
  • フローの文明・ストックの廃墟
  • 「思考する機械」と人間)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 擬装された文明 : 大衆社会のパラドックス
著作者等 佐伯 啓思
書名ヨミ ギソウサレタ ブンメイ
書名別名 Gisosareta bunmei
出版元 ティビーエス・ブリタニカ
刊行年月 1988.4
ページ数 333p
大きさ 20cm
ISBN 4484882108
NCID BN02236411
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89005578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想