トポスの知

河合隼雄, 中村雄二郎 著

限定された砂箱という「場」に、人間存在の在り様が示される「箱庭療法」をめぐる哲学者と心理療法家の対話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 箱庭療法と"私"
  • 1 "自由に創ること"の楽しさ
  • 2 豊かなイメージの世界
  • 3 "癒やす"意味とその働き
  • 4 隣接する領域とのかかわり
  • 5 箱庭・その哲学的パフォーマンス
  • 6 近代科学と新しい"知"のあり方
  • 新しい都市論と箱庭表現

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トポスの知
著作者等 中村 雄二郎
明石箱庭療法研究会
河合 隼雄
書名ヨミ トポス ノ チ : ハコニワ リョウホウ ノ セカイ
書名別名 〈箱庭療法〉の世界

Toposu no chi
出版元 CCCメディアハウス
刊行年月 2017.3
版表示 新・新装版
ページ数 291p 図版24p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-484-17211-8
NCID BB23365462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22887529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想