グレン・グールド : 未来のピアニスト

青柳いづみこ 著

20世紀をかけぬけた衝撃の演奏家の遺したさまざまな謎をピアニストならではの視点でたどり、ライヴ演奏の未知の美しさをも手がかりに、つねに新鮮なその魅惑と可能性を浮き彫りにする原体験的グールド論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コンサート・ドロップアウト-同業者の目からグールドを見ると
  • 彼はどのような点で天才なのか-楽譜をみたらすぐに弾ける、練習をしなくても弾ける
  • 彼はどのようにしてデビューしたのか-競わずにナンバーワンになる法
  • 踊る祈祷師のレコード・デビュー
  • 彼はどんなふうにしてピアノを弾いたか
  • 彼はどのように教育されたか-ディヌ・リパッティとの対比において
  • 僕は神童ではなかった-少年時代の録音から
  • 一九五五年という年1-演奏スタイルの変遷と時代の耳
  • 一九五五年という年2-ロマンティックからクール・スクールへの変貌
  • アポロン派とディオニュソス派-さらにワンクッション、ロマン斬り
  • 彼はどのようにして演奏活動を耐え忍んだか-ステージ活動をするということ
  • 彼はどのようにして演奏活動から撤退したか
  • そして、ここからグールドが本当のグールドになる
  • オズの魔法使いとエメラルドの都-実演とスタジオ録音の違い
  • 二倍速の共犯者
  • 「ボクは作曲家になりたかった」
  • 運命の動機-変わるものと変わらないもの
  • グールドの歌声
  • 受肉の音楽神
  • 結局、彼は何者だったのだろうか?
  • 未来のピアニスト-グールド・ファンも、そうでない人も

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グレン・グールド : 未来のピアニスト
著作者等 青柳 いづみこ
書名ヨミ グレン グールド : ミライ ノ ピアニスト
書名別名 GLENN GOULD

Guren gurudo
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.7
ページ数 363, 6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-480-87364-4
NCID BB06388439
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21971309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想