なぜ、すべてがすでに消滅しなかったのか

ジャン・ボードリヤール 著 ; 塚原史 訳

グローバル化とデジタル化の波に見舞われた世界のなかで、オリジナルな価値は記号と幻想に食いつくされ、リアリティは抹殺される。しかし、それですべてが終わりではない。「大消滅」の後、いったい何が起こるのか?われわれを待ち受ける、恐ろしくもグロテスクな、笑劇的未来とは?現代社会の実相を暴きだしてきた思想家ボードリヤールが、人間の行く末を予言する。最晩年に記した表題論考と「腹話術的な悪」「カーニバルとカニバル」を収録した、現代文明への遺言状ともいうべき遺稿集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ、すべてがすでに消滅しなかったのか
  • カーニヴァルとカニバル
  • 腹話術的な悪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、すべてがすでに消滅しなかったのか
著作者等 Baudrillard, Jean
塚原 史
ボードリヤール ジャン
書名ヨミ ナゼ スベテ ガ スデニ ショウメツシナカッタノカ
書名別名 Naze subete ga sudeni shometsushinakattanoka
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.12
ページ数 155p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-480-86398-0
NCID BB0050650X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21706469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
なぜ、すべてがすでに消滅しなかったのか ジャン・ボードリヤール, 塚原 史
カーニヴァルとカニバル ジャン・ボードリヤール, 塚原 史
腹話術的な悪 ジャン・ボードリヤール, 塚原 史
解説 塚原 史
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想