人類5万年文明の興亡  上

イアン・モリス 著 ; 北川知子 訳

1842年、イギリスが阿片戦争に勝利して以来150年間、西洋は紛れもなく東洋を圧倒し、世界を支配している。だが、なぜ歴史はそのように展開したのか。それは歴史の必然なのか、あるいは単なる技術革新の勝利なのか。それとも西洋には本質的に何かしら有利な条件があったのか。西洋と東洋、それぞれの文明を人類の黎明期からたどり直してみると、いずれにおいても似たような発展と衰退のパターンをくり返してきたのがわかる。過去のあらゆる文明を行き詰まらせた5つの要因とは何か-。スタンフォードの歴史学教授が圧倒的なスケールで人類史を俯瞰、現在の文明世界の閉塞状況をクリアに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 黎明-東西世界の誕生(「東洋」と「西洋」の生まれる前
  • 西洋がリード
  • 過去を測る)
  • 2 興亡-文明隆盛と衰退の法則(東洋の追い上げ
  • 接戦
  • 衰退と崩壊)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類5万年文明の興亡
著作者等 Morris, Ian
北川 知子
モリス イアン
書名ヨミ ジンルイ ゴマンネン ブンメイ ノ コウボウ : ナゼ セイヨウ ガ セカイ オ シハイ シテ イル ノカ
書名別名 WHY THE WEST RULES…FOR NOW

なぜ西洋が世界を支配しているのか
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.3
ページ数 404p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-480-86127-6
NCID BB15254014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22395319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想