イングランド社会史

エイザ・ブリッグズ 著 ; 今井宏, 中野春夫, 中野香織 訳

辺境の小国から世界の帝国へと発展していったイングランド。ストーンヘンジからノルマン征服、王室と議会政治、農業・産業革命、戦争、娯楽、衣食住にいたるまで、その全貌を克明に描ききった、イングランド社会史の金字塔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 先史時代-文字に残されていない歴史
  • ノルマン征服以前のイングランド-侵入、抵抗、移住、そして征服
  • 中世前期のイングランド-従属、拡張、そして文化
  • 中世後期のイングランド-秩序と衝突
  • 一六世紀のイングランド-宗教改革とエリザベス女王
  • 革命の一七世紀-ピューリタン革命、王政復古、そして名誉革命
  • 一八世紀のイングランド-富と権力と快楽の追求
  • 一九世紀のイングランド(工業化の経験
  • 交通・通信網の発達
  • 助走、開花、余波)
  • 二〇世紀前半のイングランド-戦争による分水嶺
  • 第二次世界大戦後のイングランド-窮乏と進歩
  • 現代のイングランド-終わりと始まり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イングランド社会史
著作者等 Briggs, Asa
中野 春夫
中野 香織
今井 宏
ブリッグズ エイザ
書名ヨミ イングランド シャカイシ
書名別名 A social history of England

Ingurando shakaishi
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.6
ページ数 512, 33p
大きさ 22cm
ISBN 4480857583
NCID BA67711632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20645059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想