高校生のためのゲームで考える人工知能

三宅 陽一郎;山本 貴光【著】

今やデジタルゲームにかかせない「人工知能」。どう作るとプレイヤーを楽しませるゲームになるだろうか。人工知能を考えることは、「知性」とは何か、「人間」とは何か、を考えること。さあ一緒に人工知能の正体に迫る冒険にでかけよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 キャラクターに知能を与えよう(ゲームで人工知能?
  • モンスターをつくってみる
  • まずはシンプルに視覚をつくってみる ほか)
  • 第2章 環境のなかで人工知能を動かそう(生きものは環境を使う
  • 地図上で歩くこと、実際に歩くこと
  • ここ、歩けるかな? ほか)
  • 第3章 メタAIでよき遊び相手を目指す(なにかが足りない…
  • プレイヤーはぜいたくな生きもの
  • 時代劇のやられ役のように ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高校生のためのゲームで考える人工知能
著作者等 三宅 陽一郎
山本 貴光
書名ヨミ コウコウセイノタメノゲームデカンガエルジンコウチノウ
シリーズ名 ちくまプリマー新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2018.3.10
ページ数 264p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68998-6
NCID BB25711316
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想