社会学にできること

西研, 菅野仁 著

社会学という学問には、いったい何ができるのだろうか?科学的・客観的に社会をとらえるだけなのだろうか。"いま・ここ"の現実を生きるわたしたちにとって、自分と社会をつなげて考える知的見取り図を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会学って何のためのもの?
  • 第2章 古典社会学の系譜
  • 第3章 現代社会学の理論(社会学の理論はどのように形づくられたのか
  • ローティやルーマンが考えたこと
  • ハーバーマスとポスト・モダン思潮)
  • 第4章 実存の社会学をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学にできること
著作者等 菅野 仁
西 研
書名ヨミ シャカイガク ニ デキル コト
書名別名 Shakaigaku ni dekiru koto
シリーズ名 ちくまプリマー新書 122
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.11
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68823-1
NCID BB00073366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21696107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想