中学生からの哲学「超」入門 : 自分の意志を持つということ

竹田青嗣 著

自分とは何か。なぜ宗教は生まれたのか。人を殺してはいけない理由は何か。何となく幸福じゃないと感じるのはなぜなのか…。読めば聡明になる、悩みや疑問に対する哲学的考え方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自分とは何者か(神経症-私はなぜ哲学者になったか
  • 欲望論哲学の出発点)
  • 2 世界はどうなっているか(宗教のテーブルと哲学のテーブル
  • 哲学のテーマ-「神」と「形而上学」について
  • 宗教と哲学の弱点)
  • 3 なぜルールがあるのか(大貧民ゲームで近代社会を体験する)
  • 4 幸福とは何か(ガウェインの結婚-「自分の意志を持つこと」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中学生からの哲学「超」入門 : 自分の意志を持つということ
著作者等 竹田 青嗣
書名ヨミ チュウガクセイ カラノ テツガク チョウ ニュウモン : ジブン ノ イシ オ モツ ト イウ コト
書名別名 Chugakusei karano tetsugaku cho nyumon
シリーズ名 ちくまプリマー新書 113
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.7
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68819-4
NCID BA90615389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21626163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想