世にも美しい数学入門

藤原正彦, 小川洋子 著

「美しい数学ほど、後になって役に立つものだ」数学者は、はっきりと言い切る。想像力に裏打ちされた鋭い質問によって、作家は、美しさの核心に迫っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 美しくなければ数学ではない(恋する数学者たちの集中力
  • 数学は役に立たないから素晴らしい
  • 俳句と日本人の美的感受性
  • 永遠の真理のもつ美しさ
  • 天才数学者の生まれる条件 ほか)
  • 第2部 神様が隠している美しい秩序(三角数はエレガントな数字
  • 数学は実験科学のようなもの
  • 幾何と代数の奇妙な関係について
  • ヨーロッパ人とインド人の包容力
  • 素数=混沌のなかの美の秩序 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世にも美しい数学入門
著作者等 小川 洋子
藤原 正彦
書名ヨミ ヨニモ ウツクシイ スウガク ニュウモン
シリーズ名 ちくまプリマー新書 11
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.4
ページ数 173p
大きさ 18cm
ISBN 4480687114
NCID BA71662472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20784229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想