「幕末」に殺された女たち

菊地明 著

黒船来航を契機として、未曾有の激動の時代を経験することとなった日本。その荒波に揉まれ、新しい世界を夢みて混沌の只中に飛び込んでいった男たちの陰で、運命の悪戯から心ならずも命を落とした女たちがいた。安政の大獄、桜田門外の変、池田屋事件、水戸天狗党、戊辰戦争…。時代に翻弄され、歴史の片隅に忘れられていった22人を通して描く、もうひとつの幕末維新史。文庫オリジナル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 梅田雲浜の妻・信-国事に奔走する夫を支えながら病死した女
  • 洋妾・斎藤きち-米国総領事に雇われ、人々の蔑みを受け続けて自殺した女
  • 関鉄之介の妾・瀧本-桜田門外の変の関係者として捕らえられ、拷問を受けて死んだ女
  • 児島強介の養母・手塚増子-坂下門外の変によって捕縛され、獄中死した息子を見送って病死した女
  • 清河八郎の妻・蓮-反幕攘夷派の夫の身代わりとして捕らえられ、出獄後に急死した女
  • 岩亀楼の遊女・喜遊-「ラシャメン」になることを拒絶して自殺した女
  • 井伊直弼の妾・村山可寿江-生き晒しにされたうえ息子の命を奪われ、絶望のなかで最期を迎えた女
  • 勝野豊作の妻・ちか-安政の大獄で出奔した夫を庇って投獄され、夫の死を知らずに病死した女
  • 芹沢鴨の妾・梅-壬生浪士組の暗殺事件の犠牲となった女
  • 武田相模守の母・某-天誅事件に巻き込まれて殺害された女〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「幕末」に殺された女たち
著作者等 菊地 明
書名ヨミ バクマツ ニ コロサレタ オンナタチ
書名別名 Bakumatsu ni korosareta onnatachi
シリーズ名 ちくま文庫 き26-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.5
ページ数 270p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43264-3
NCID BB1862802X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22570688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想