憲法が変わっても戦争にならない?

高橋哲哉, 斎藤貴男 編著

憲法が変わると私たちの暮らしはどうなるのか?井筒和幸(映画監督)は日本とアジアの歴史を、斎藤貴男(ジャーナリスト)は監視・格差との関係を、高橋哲哉(哲学者)は愛国心について、各々執筆。森永卓郎(経済アナリスト)、木下智史(憲法学者)、山田朗(歴史学者)はQ&A形式でわかりやすく執筆。コラムは室井佑月、こうの史代ほか。文庫化にあたり最新の状況を大幅加筆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 木下智史-憲法?ソレがどう変わる?
  • 2 井筒和幸-井筒監督の教えたるわ!歴史と憲法
  • 3 山田朗・森永卓郎・木下智史-憲法と現代戦争Q&A
  • 4 高橋哲哉-戦争する国と愛国心
  • 5 斎藤貴男-戦争への3点セット 監視・格差・個性の否定
  • 6 豊秀一-ジャーナリストの見た憲法改正議論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法が変わっても戦争にならない?
著作者等 斎藤 貴男
高橋 哲哉
書名ヨミ ケンポウ ガ カワッテモ センソウ ニ ナラナイ
書名別名 Kenpo ga kawattemo senso ni naranai
シリーズ名 ちくま文庫 た71-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.7
ページ数 271p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43072-4
NCID BB12939468
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22303958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想