絶滅寸前季語辞典

夏井いつき 著

「亀鳴く」春の夕暮れ、オス亀がメスを慕って鳴くという空想的季語。勿論亀は鳴かない。「毒消売」越後や越中から来る行商の薬売り。「夜這星」流星の別称。「竃猫」竃にもぐり、暖をとろうとする猫…季節感が大きくずれたり、風習が廃れたりして消えていくたくさんの季語。そんな「絶滅寸前」の季語たちの持つ豊饒な世界を紹介し、新しい命を吹き込む読み物辞典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春(藍微塵
  • 愛林日 ほか)
  • 夏(青挿
  • 汗拭い ほか)
  • 秋(秋の七草
  • 生身魂 ほか)
  • 冬(青写真
  • 皹 ほか)
  • 新年(稲積む
  • 臼起し ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶滅寸前季語辞典
著作者等 夏井 いつき
書名ヨミ ゼツメツ スンゼン キゴ ジテン
シリーズ名 ちくま文庫 な39-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.8
ページ数 403p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42745-8
NCID BB02970632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21820177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想