ライフワークの思想

外山滋比古 著

ライフワークの花を咲かせることはあらゆる人に可能である。この花は晩年になって始めて結実する。そのためには自由時間の使い方を考えなくてはならない。自分の生きがいとなり、人生の豊かさにつながる、能力の備蓄をすることが必要だ。バッテリーは使い切るまえに絶えず充電しなくてはならない。輝かしい、円熟したフィナーレを迎えられるよう、一日一日の生き方を考えてみよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フィナーレの思想(ライフワークの花
  • フィナーレの思想)
  • 第2章 知的生活考(再考知的生活
  • 分析から創造 ほか)
  • 第3章 島国考(パブリック・スクール
  • コンサヴァティヴ ほか)
  • 第4章 教育とことば(教育の男性化
  • 面食い文化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ライフワークの思想
著作者等 外山 滋比古
書名ヨミ ライフ ワーク ノ シソウ
書名別名 Raifu waku no shiso
シリーズ名 ちくま文庫 と1-4
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.7
ページ数 234p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42623-9
NCID BA90739326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21637362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想