神も仏もありませぬ

佐野洋子 著

呆けてしまった母の姿に、分からないからこその呆然とした実存そのものの不安と恐怖を感じ、癌になった愛猫フネの、生き物の宿命である死をそのまま受け入れている目にひるみ、その静寂さの前に恥じる。生きるって何だろう。北軽井沢の春に、腹の底から踊り狂うように嬉しくなり、土に暮らす友と語りあう。いつ死んでもいい、でも今日でなくていい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • これはペテンか?
  • ありがたい
  • 今日でなくてもいい
  • 虹を見ながら死ね
  • 声は腹から出せ
  • フツーに死ぬ
  • そういう事か
  • それは、それはね
  • そうならいいけど
  • 納屋、納屋
  • フツーじゃない
  • じゃ、どうする
  • 何も知らなかった
  • 山のデパートホソカワ
  • 出来ます
  • 他人のウサギ
  • 謎の人物「ハヤシさん」
  • 金で買う
  • あとがきにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神も仏もありませぬ
著作者等 佐野 洋子
書名ヨミ カミ モ ホトケ モ アリマセヌ
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.11
ページ数 234p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42493-8
NCID BA87868320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21527972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想