くもの巣の小道 : パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話

イタロ・カルヴィーノ 著 ; 米川良夫 訳

少年ピンが加わったパルチザン部隊は、"愛すべきおちこぼれ"たちのふきだまりだった。普段、酒や女で頭がいっぱいの彼らが「死」をもってあがなおうとしているのは何なのだろう。なんとも嫌らしくて、不可解な大人たちである。パルチザンの行動と生活を少年の目を通して寓話的に描く。奇想天外な現代小説の鬼才・カルヴィーノの文学的原点の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 くもの巣の小道 : パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話
著作者等 Calvino, Italo
米川 良夫
カルヴィーノ イタロ
書名ヨミ クモ ノ ス ノ コミチ : パルチザン アルイワ ラクゴシャタチ オ メグル グウワ
書名別名 Kumo no su no komichi
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.12
ページ数 279p
大きさ 15cm
ISBN 4480422927
NCID BA79536380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21160917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想