観無量寿経

佐藤春夫 訳・注 ; 石田充之 解説

漢文・古文の知識が必要な仏典を独学で読むのはほぼ不可能に等しい。しかし日本を代表する大作家・佐藤春夫はその筆力により、一人で経典を理解し、味わうことのできる訳を用意した。『観無量寿経』は『無量寿経』、『阿弥陀経』とともに「三部経」と称される浄土仏教の根本経典。仏や仏のいる世界を「観る」方法を説くとともに、自分の力ではいかんともしがたい人生を俯瞰し、切り抜ける方法を教えてくれる。経典の主人公はわが子アジャセに命狙われる古代インドの王妃イダイケ。なぜこのような悲劇が起こるのか説明を迫るイダイケに、シャカは因・縁・果の物語を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 釈尊が「無量寿仏を観奉ること」を説かれた聖典
  • 『観無量寿経』入門(『観無量寿経』の成立と翻訳
  • 『観無量寿経』の流伝と理解の発展
  • 『観無量寿経』の教説内容について
  • 参考註釈書について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観無量寿経
著作者等 佐藤 春夫
石田 充之
書名ヨミ カンムリョウジュキョウ
シリーズ名 観無量寿仏経 サ33-1
ちくま学芸文庫 サ33-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.1
ページ数 266p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09657-9
NCID BB17661697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22558993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想