恋愛論

竹田青嗣 著

恋愛-だれもが人生で一度は心を奪われ、突如として世界を輝かせたり、理性的な人をも狂わせたりする、このあらがいがたく、不思議な力はいったいなんなのか?他方で、恋の激情が過ぎ去ったあとに、あたかも夢から醒めるかのようにそのリアリティが失われるのはなぜなのか?こうした生の二重性をもっとも露わにする「恋愛」がもつ意味とは?プラトン、ゲーテ、ドストエフスキーをはじめとする哲学者たち、文人たちの格闘の軌跡を辿り、永遠不滅のテーマ「恋愛」を哲学する。エロティシズム、「美」や「死」の問題にまで迫り、人間の「実存」に新たな光をあたえた名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 恋愛の謎
  • 結晶作用
  • 「美」について
  • 恋人
  • プラトニズムとエロティシズム
  • 絶対感情
  • エロティックな欲望
  • 恋愛の背理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恋愛論
著作者等 竹田 青嗣
書名ヨミ レンアイロン
書名別名 Ren'airon
シリーズ名 ちくま学芸文庫 タ1-5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.5
ページ数 303p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09292-2
NCID BB02054577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21784759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想