果てしなき戦線

橋川文三, 今井清一 編著

開国以来、日本の歩んできた100年、そこに生きた人々、当時の雰囲気、世相風俗を浮き彫りにした、臨場感あふれる迫真のドキュメント。公式記録や史料、体験談、新聞、雑誌、回想録、流行歌にいたるまで多方面から取材し、時代の種々相を写し出した記録現代史全10巻。復刊を待望された名著の文庫化。第8巻は、現代日本の在り方を決定づけた太平洋戦争の時代。日本は史上最大の賭けに国力を傾け、中国大陸から東南アジア、太平洋へと戦線を拡大した。国民は西欧の圧迫を振り払う快挙として迎えたが、やがて苛酷な現実を知ることとなる。日本人の栄光と悲惨を、戦争体験者の記録により浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 十二月八日の記録
  • 第1部 大陸戦線の内と外(宿命の日中戦争
  • 皇軍の肖像
  • 神話に生きる人びと
  • 日本ゆきづまる)
  • 第2部 太平洋上の賭け(真珠湾からガ島まで
  • アジアの「国生み」
  • 欲しがりません勝つまでは)
  • 第3部 敗北への道(玉砕あいつぐ
  • 腐敗と崩潰
  • 死の壁に面して)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 果てしなき戦線
著作者等 今井 清一
橋川 文三
書名ヨミ ハテシナキ センセン
シリーズ名 日本の百年 8
ちくま学芸文庫 8
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.5
ページ数 528p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09078-2
NCID BA85813496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21491364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想