フーコー・コレクション  6 (生政治・統治)

ミシェル・フーコー 著 ; 小林康夫, 石田英敬, 松浦寿輝 編

8年をかけた遺作『性の歴史』全3巻の刊行に並行して、フーコー思想は最後の転回を遂げた。それは、"政治理性批判"というべきものであり、近年になってその全貌が明らかにされてきた。西洋近代の権力は、「人口」を対象として、どのように「治安」維持を図ってきたのか。コレクション第6巻「生政治・統治」は、ドゥルーズが「傑作」と絶賛した「汚辱に塗れた人々の生」や、海外講演「真理と裁判形態」「全体的なものと個的なもの」などを収録する。没後20年を経ていっそうアクチュアルな、フーコー思想が明らかになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 真理と裁判形態
  • 2 "生物‐歴史学"と"生物‐政治学"
  • 3 ドゥルーズ=ガタリ『アンチ・オイディプス』への序文
  • 4 社会医学の誕生
  • 5 汚辱に塗れた人々の生
  • 6 「統治性」
  • 7 十八世紀における健康政策
  • 8 全体的なものと個的なもの-政治的理性批判に向けて
  • 9 啓蒙とは何か
  • 10 道徳の回帰
  • 11 生命-経験と科学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フーコー・コレクション
著作者等 Foucault, Michel
小林 康夫
松浦 寿輝
石田 英敬
フーコー ミシェル
書名ヨミ フーコー コレクション
書名別名 Dits et ecrits

生政治・統治

Fuko korekushon
シリーズ名 ちくま学芸文庫
巻冊次 6 (生政治・統治)
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.10
ページ数 459p
大きさ 15cm
ISBN 4480089969
NCID BA78675927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21136242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想