最後の親鸞

吉本隆明 著

親鸞の思想は、直弟子たちの聞書きなどに書きとめられた言葉によって、死後はるかな時間をへだててしだいにその巨きな姿をあらわした。非僧非俗の境涯に集約されるその知の放棄の方法はどのようなものだったのか?宗教以外の形態では思想が不可能であった時代に、仏教の信を極限まで解体し、善悪の起源とその了解について思考の涯まで歩んでいった親鸞の姿を、著者は全身的な思想の集注で描ききっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 最後の親鸞
  • 和讃-親鸞和讃の特異性
  • ある親鸞
  • 親鸞伝説
  • 教理上の親鸞
  • 永遠と現在-親鸞の語録から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最後の親鸞
著作者等 吉本 隆明
書名ヨミ サイゴ ノ シンラン
書名別名 Saigo no shinran
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.9
ページ数 238p
大きさ 15cm
ISBN 4480087095
NCID BA58656307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20318879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想